借金時効

借金時効

借金の時効は5年、個人の借金ならば10年が、一般的に時効が成立する期限です。

しかし、この期限は、貸金業者が債務者の支払い能力を認めた日から5年であり、引っ越しなどをして、催促状が来ていなかったことを知らなかった、という理由など、いろいろと勘違いされてしまう方も多いです。

さらに、時効は「援用の通達」をして、法的な手続きをしなければ、認められません。

借金の時効についてのさまざまなケースをいっしょに見ていきましょう。

携帯料金滞納時効

借金時効

携帯料金を滞納した後の時効援用という解決がとても危険な理由

携帯料金を滞納して5年経過していれば時効が成立します。その時効をする際の注意点をお話しています。時効は手続きが必要です。

お金の貸し借りをなしにする

借金時効

お金の貸し借りをなしにする方法とその際に気を付けておくこと

過去に知人・友人に借りたお金のやりとりを無効にすることができます。10年経過していれば、時効が成立します。手続きをする必要性があるのは、相手が訴えてくる可能性があるためです。時効成立の条件についてもお話しています。

Copyright© 借金返済のコツを教えます ~多重債務のブログ〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.