プロフィール

とうとう私は350万円の借金を完済しました!

会社を辞めたのが人生転落のはじまり

プロフィール画像

2019年の春、新しい元号になろうか、という頃、3年間苦しんだ借金生活からようやく解放された、当サイト運営者の寿々木(すずき)と申します。

私の借金生活のはじまりは、32歳のときの会社の自主退職募集です。

働いていた会社は東京にある小さな出版社でした。業界は90年代のピーク時以降不振で、わたしが入社した頃も景気は悪かったのですが、いくつかの部門では業績は好調で、私も希望した会社でしたから、会社勤めはいやではありませんでした。

リーマンショック後、低迷。5年後、わたしがいる専門部門が縮小へ。

社員への風当たりも強くなった頃、仲の良かった同僚が、退社。入社してからちょうど10年後、転職がうまくいかなかったことも手伝って、わたしも第二の人生に選ぶことにしました。ブックカフェのオーナーです。

ブックカフェ

もともと父親を含め、親戚一同が商売人の家系でしたから、自営業者になることにためらいはありませんでした。親戚の一人が上海で飲食店をやっていたことも大きな理由です。自分の得意分野と飲食を掛け合わせてみたわけですが。今思うと、安易です。

退職金はわずか180万円。それまでの貯金が320万円、親戚から200万円を借りて、開店資金は、合わせて700万円。

妻にも協力してもらって、なんとかお店をオープン。場所は東京の郊外です。

初月から大幅な赤字。そもそも経営がなんたるかを、わかってはいなかった…。

叔父に自営のノウハウをアドバイスしてもらいながら、1年必死にやりましたが、とうとう店をつぶす決意。

最初は、キャッシングで5万、10万、と少額の借金からはじまり、それから本格的な借金生活に突入。

拍車をかけたのが、ギャンブルです。

 

30万円の借金が350万円に膨れ上がった

借金

もともとは私は賭け事にはまったく興味のない人間でした。

仕事の休み時間に本を読むのが好きなようなタイプだったんです。

店をつぶしたあとは、35歳でアルバイト。昼は引っ越し、夜はラヴホテルのフロントで。だんだん昼間でも酒を飲むようになったある日スロットのドアをくぐったのをきっかけに、夜の繁華街への遊びに行くようになりました。

そもそも思い返せば、父親が大のギャンブル好きだったんです…。

父親は、競馬、オートレース、パチンコ、スロット、賭け事と名のつくものならなんでもやっていたんです。私も小さい頃に競馬場へよくいっしょに連れて行ったもらったものでした。

自暴自棄となった現実逃避だったんでしょうが、自分を亡くなった父親になぞらえるようになったのでしょう。それで悲しみを紛らわせていたのだと思います。

私もそれらの場所へせっせと通うようになった。

利息分を返済することでやりくりしていましたが、どうにも返済に滞り、べつのクレジット会社から借金をしました。さらに、だんだんと感覚が麻痺していきます。やがてとんでもない事態を招き寄せることに…。

 

人生の絶望に底はない

借金

呼吸していることが苦しい…と感じました。

最初は病気なんじゃないか、と思いましたが、理由は借金だったんです。借金額が増えていくと、まるで海の底にでもいるように、ふだん生きているときも、ずっと息がつまっているわけです。

借金は借り入れの限度額が引き上げられたのをきっかけに、さらに増えていきました。120万円くらいの頃がいちばん苦しくて、200万円、300万円のラインは、それほど苦ではなかった記憶があります。公的ではない消費者金融に手を出してしまい、気が付くと、返済不可能な多額な借金を抱えこんだ始末。

家に督促状がきて、家族にバレました。

妻に泣かれたのが、いちばんつらかったですね。

ずっと味方だと思っていた妻が、「こんな人生になるなんて思ってもみなかった」といわれたとき、つくづく自分がいやになりました。

自分がダメだとわかっているんですけど、どうにもならない。

たぶん誰かに止めてほしかったり、諭してほしかったし、話を聞いてほしかったんだと思います。

法律によって「借金生活者」は守られている、ということに、気づくまでに、どのくらいの時間がかかったでしょうか?

現在の法律では、債務者が人生をやり直せる返済手段が整っています。借金で悩みを抱えている方は、素人考えで問題を片づけずに、法律の専門家に相談をしてみることが大切です。早ければ、早いほどよいです。とにかく一刻でも早く借金生活を終えることが、人生にとって大切だ、と今本当にわたしは痛感しています。

 

当サイトの運営目的

プロフィール画像

当サイトでは、3年以上にわたって借金に苦しんだわたしの経験をもとに、借金についてのさまざまなことを書き綴っております。

2010年(平成22年)の改正貸金業法とともに、複数の貸金業者から借り入れをする、いわゆる「多重債務者」は以前より減った、といわれています。個人カードローンも金利も下がっています。しかし、わたしのように苦しまれている方もまだま多いのじゃないでしょうか。

簡単にキャッシングできてしまえるため、借金をしている方自体は増えています。

今はやりくりができていても、いつ誰が、かつての私のように多重債務者になってしまうかはわからないのが現実です。借金は悪いことではありませんが、返済できない額の借金は、問題です。一度借金をしてしまうと、それは知らず知らずに増えていきます。

借金は合法的な仕方で返済することができます。

今思えば、借金についてあれこれ悩んだ日々は、今となっては人生の勉強の時間だったともいえます。生きていることが、非常に息苦しい。毎日が水の中で暮らしているような気分。

しかし…

誰もが借金をもとに戻すことで、人生を取り戻せます。

当サイトが、借金に苦しまれている方の少しでもお役に立てれば幸いです。

 

おすすめ記事

寿々木

>>多重債務のしおり 無料相談からはじめよう<< 当サイトを初めてご訪問された方は、最初にこちらのページをご覧ください。多重債務を賢く返済するには、どのような解決策がよいのかを、わかりやすく解説しています。

 

登場人物


寿々木(すずき) 35歳

3年に渡る借金地獄を経験し、脱け出した当サイト管理人。起業の失敗により、700万あった貯金が底をついた。350万円の借金まで膨らんだ折に、とうとう弁護士に相談。その後3年をかけ、借金を完済。借金苦に陥った場合、専門家に頼り、賢い解決法を用いないと、うまくいかないことを痛感。賢い借金返済の方法というのがあると認識。これまでの自身の経験をもとに、どうすればよりよい借金返済ができるのか? を解説しています。

サチコ 32歳

3社のクレジット会社から、総額82万円の借金をしている東京育ちの独身女性。実家暮らしが長く、お金の使い方がかなり荒い。身勝手なお金の使い方でできた借金のため、誰にもいえず、返済について思案中。少しずつ借金額が増えている。その恐怖からようやく最近借金返済んいついて前向きになりはじめたところ。

 

リンクや紹介について

紹介について

当サイトへのリンクは、歓迎します。

またコンテンツ内の画像・文章の転載は”引用”に限り許可します。ただし、次の引用方法を守っていただくようご協力をお願いします。

引用方法
  • 正当な範囲内で引用すること(最小限の複製)
  • 引用範囲を明確にすること
  • 当サイトからの引用である旨を必ず明示(サイト名及び該当ページURLへのリンク)
  • 当サイトからの引用がコンテンツの主とならないこと

※引用元として、対象記事タイトルでのリンクをお願いします。

また、以下に該当するサイト様からのリンクはご遠慮ください。

リンク禁止対象サイト
  • 公序良俗に反するサイト
  • 法律に反する、又はそれを助長するサイト
  • 他人の著作権やプライバシー等を侵害するサイト
  • 他人に不利益を与えるサイト
  • アダルトサイト、18歳未満に対して好ましくないと判断されるサイト

おすすめの弁護士事務所 【天音総合法律事務所】

診断を開始すると、質問がスタート! 「匿名」でもOKです。3分程度の簡単な記入の1分後に自動返信メールが届きます。

天音総合法律事務所は東京都の千代田区にあります。費用が割安で、借金問題に強い法律事務所です。営業は平日9時~21時、土曜10時~19時、日曜10時~19時。営業時間外でも24時間受付。面談の際には、全国どこへでも出張してくれます。

  • この記事を書いた人
寿々木 与

寿々木(すずき)

このサイトは借金に苦しんだ管理人の経験から誕生しました。自主退職後、起業で失敗し700万を失い、借金が350万円まで増えてしまって、完全に首が回らなった後、3年掛けてようやく借金を完済し終えました! わかりやすくお伝えするために、対話形式を用いてストーリー仕立にしております。

投稿日:2019年1月15日 更新日:

執筆者:寿々木 与

Copyright© 借金返済のコツを教えます ~多重債務のブログ〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.