借金問題クローズアップ

借金を親に相談できない…そんな方に最もよい解決策を提案します

投稿日:2020年1月20日 更新日:

寿々木
借金を親に相談できない方に解決策をお話します!
いえない場合、どうしたらいいんだろう…?
サチコ
寿々木
提案があります! また個別のケースによっても変わってくると思うので、それぞれ解説していきます!

 

借金を親に相談できない方は専門家に相談をする

借金を親に相談できない

借金を親に相談することができない方は、専門家に相談をすることを考えてみましょう。

完済をしたあとに話をする、あるいは返済の途中で話をする、というふうに発想を転換するのがよいです。

任意整理ならば、親に黙ったままで借金を返済していくことができます。

借金が減額されるので、返済が難しくなっている方でも完済が可能になります。

また借金額が多い方の場合は、個人再生や自己破産があり、それらも家族には内緒でできます。

借金を親に相談ができない方を、4つのケースに分けてお話していきます。

借金を親に相談することがむずかしい4つのケース

  • 親が田舎にいる
  • 母子家庭である
  • 実家暮らしである
  • 両親に迷惑をかけた過去がある

ご自身の境遇に近いケースをごらんください。

 

親が田舎にいる場合は手紙を書く

手紙

ご両親が田舎にいて離れているのならば、田舎のご両親に向けて手紙を書いてみてください。

もし手紙を躊躇されるようであれば、メールかLINEで近況をやりとりしましょう。

手紙の中でで借金について触れる必要はありません。

親は「…なにかあったんだな」と勘づきます。

そのあと借金についてお話をされるのがよいです。

親に会った際には、「こういう感じで完済予定が立っているから、大丈夫だ」といいましょう。

もし会えない、いいがたい場合は、返済に3~5年間かかりますから、任意整理によって自力で返済をして、そのあいだに実家との距離を縮める努力をする、という思いで借金返済に取り組んでみましょう。

 

母子家庭である場合は話さずに解決する

母子家庭

母子家庭である場合など、親に迷惑をかけられない事情があるときは、話さずに解決したほうがよいです。

親は子供がしてしまったことについて、「自分の負担」「家族の負担」と考えます。

完済したあとに話をする、という選択を考えてみてください。

「返済が困難になっている…」という方は、任意整理をすれば、親に黙って借金を返済することが可能です。

 

実家暮らしである場合はこれまでとは違う印象作戦を行う

実家暮らし

実家暮らしであって、借金がある方は、かなり話しづらいかもしれませんので、次のような対策を考えてみましょう。

実家暮らしの借金解消法

  • これまでとは違う生活習慣を親に印象付け、今回のことを話し合うきっかけを作る

これまでとは少しだけでよいので今までの自分とは違う印象を親に与えて、話し合いに臨む雰囲気を作ってみましょう。

たとえば働いていない方は、週一でもよいので働きに出てみましょう。

UberEATS(ウーバーイーツ)やポスティングのような仕事であれば、スマホで完結しますから、人と会う必要もありません。

外出が難しい場合は、家の仕事を手伝うことで対策をします。

料理をする。掃除をする。洗濯をする。草むしりをする。親の車を洗う。いろいろあると思います。

仕事を持っていて実家暮らしである方は、やはり家の手伝いをし、いつもより早く帰宅するのをおすすめします。

人生は必ず困難があるので、親もそれを知っています。それが現在やってきたととらえてください。

親が気にすることは、借金よりも、その困難な問題にどれほど当人が自覚を持っているか? です。その姿勢をしっかりと示しさえすれば、大きな亀裂は避けられます。

今自分ができることを探して、前へ一歩進んでみる行動を起こしてみましょう

実家暮らしで借金がある方は、こちらの記事も参考になります。

おすすめ記事
実家暮らし 借金
実家暮らしで借金がある!|出口のない人生を脱け出す方法

実家を離れることを最終目標にして、借金問題を考えましょう。収支のバランスを具体的にしていくことで、お金の問題が身近なものになりますので、解決しやすくなります。

続きを見る

 

両親に迷惑をかけた過去がある場合は話さずに解決する

「親にどうしても話ができない…」場合は、無理に話す必要はありません。

任意整理をすれば、借金が減額されるので、返済が困難になった方でも借金が完済できますし、親にも内緒で行えます。

3年後、4年後に借金を完済したときに、「こんな苦労があった」と話をするということを目的に、頑張ってみましょう。

親との関係も今は悪くても、その後良好になっているかもしれません。

借金がいくら減額されるのか? 

相談は無料ですので、利用してみてください。

※ プライバシー安全管理のために相談は電話になります。専門家とは電話でお話をするようにしてください。

 

任意整理をすれば借金完済が可能になる

任意整理をすれば借金完済が可能になる

寿々木
任意整理をすれば、借金を減額して完済することができます!
寿々木さんが返済した債務整理法よね?
サチコ
寿々木
任意整理での返済をおすすめします!

任意整理の特徴

  • 内緒で借金返済ができる
  • 今後の利息をゼロにできる
  • 払い過ぎた利息を減額できる
  • 借金理由は問われない
  • 借金額の上限はない
  • 財産が奪われることはない
  • 自分の返済能力に合わせて毎月の返済額や返済期間を設定できる

任意整理では、これから払うはずの利息を全額カットし、また、払い過ぎていた遅延損害金をカットすることによって、借金が減額されます。

今抱えている借金額より、返済額が少なくなります。そのため、返済が困難になった方が借金を完済できるようになります。

弁護士は雇い主に対して守秘義務が発生しますから、情報を外部に漏らすことはありません。会社に知れるようなことはないですし、家族に知られることもありません。

任意整理をする際の手順

  • 債務者はすべての借入社と借金額をリストアップする
  • 正確な借金額を理解する
  • 具体的な返済計画案を作る
  • 返済を開始する
  • 完済を目指して二度と借入はしないこと

任意整理は実際の返済がはじまるまでに、弁護士に依頼をしてから2か月から4か月くらいかかります。

そのあいだに具体的な返済方法を吟味して、弁護士費用もそのときに支払います。

弁護士費用をすぐに用意できない方は分割払いや後払いが可能です。

費用については、こちらの記事が参考になります。

おすすめ記事
借金
任意整理の費用の相場と支払いを安く抑えるための具体的な対策術

任意整理を行う際には、着手金が2~5万円、減額報酬が債務額の10%、解決報酬が2~5万円かかります。すぐに用立てする必要はありません。適正価格にするためのコツについても解説しています。

続きを見る

※ 弁護士は債務者がお金に困っていることを知っているので相談にのってくれます。

任意整理の本格的な手続きがはじまったら、毎月の決められた一定額を債権者に支払っていきます。だいたい3~5年で完済します。

このとき債権者と面談したり、やりとりする必要はありません

取り立ては任意整理をはじめて(返済がはじまってからではなく、弁護士に依頼をした時点)は2日から2週間ほどで止まります。

即日に止めてもらいたい場合は、「任意整理をしたことを債権者に伝えてほしい」と弁護士にいいましょう!

 

債務者にとって任意整理のデメリットは実はメリットとなる

任意整理のデメリット

寿々木
任意整理にはデメリットもあります。対策をしておくことができます!

任意整理をすると、信用情報機関(ブラックリスト)に任意整理をしたことが記載されるためにいくつかのデメリットが起こります。

任意整理を行ってから5年の間に起るデメリット

  • 信用情報機関に事故情報が載る
  • 住宅ローン・マイカーローン・教育ローンが組めなくなる
  • 新しくクレジットカードが作れなくなる
  • 銀行口座が3か月凍結する
  • 保証人になれない
  • 携帯の機種を分割購入できない
  • 新転居先の審査に落ちることがある

信用情報機関から名前が消える5年間は借り入れができません。家族の保証人になったりすることもできません。

クレジットカードの使用に制限がかかりますが、任意整理対象ではないクレジットカードを使うか、デビットカードを用いることで対応します。

どうしても新規で作りたい方は、以下の方法で作りましょう。

任意整理のときのレジットカードの作り方

全部のカードで過去に借金をしていて、すべてが任意整理対象である場合は、任意整理前に審査の通りやすい会社に申請してクレジットカードを作っておくのがよいです。

審査が甘いところでクレジットカードを作ることを検討しましょう。流通系は比較的甘いです。「セディナカード」などがよいです。

消費者金融のカードは作りやすいですが、やめておきましょう!

クレジットカードの審査難易度

【低い】 < 【高い】

消費者金融系 < 流通系 < 交通系 < 信販系 < 銀行系

ほかにも、「携帯の機種を分割購入できない」や「新転居先の審査に落ちることがある」という、任意整理をすることで起こるデメリットがありますが、特別な状況でない限り該当することはないので、さほど気にする必要はありません。

デメリットは5年経てば、すべてなくなります。

任意整理がよいのは、借入ができない強制的が働くために、必ず借金生活を改められることです。

親に相談をできない方は、任意整理をして完済したあとで親に話す、という返済方法を考えてみましょう!

通常は5,000円程度かかるところ、何度でも相談は無料です!

ぜひ利用してみてください。

※ プライバシー安全管理のために相談は電話になります。専門家とは電話でお話をするようにしてください。

 

借金を家族に言うべきだとは限らない理由

借金について家族に言うべきとは限らない理由

寿々木
借金を親に相談をするときには、なぜ相談をしたいのか? という自分の気持ちと一度深く向かい合ってみることが大切です。
返済がどうにもならなくなっちゃったからじゃないかな?
サチコ
寿々木
子供が借金をしたことを親は内心どう思うんだろう? って想像してみることが大事です。

 

親は子供の借金を負担には思うが悪だとは思っていない

子供が借金をした場合、親はそれを「自分の負債」「家族の負債」だと考えます。

でも子供はそれを「自分だけの負債」ととらえています。

「話をしなければならない」という当人の思いの中身はごちゃごちゃしていると思います。

たとえば自分ではどうにもならくなってしまったから「助けてほしい」という気持ちだったり、「許されたい」という気持ちだったり、親子だからという「責任感」だったり、などです。

このとき、借金を親に相談をするという問題で、子供が理解しておく大事なポイントがあります。

それは、親は子供がしでかしたことに対して、案外と「ひどいことをした」とは思っていない、ということです。

親は子供のことを自分自身だと思っていますが、子供は親のことを近しい他人だと思っており、ここに認識のずれがあるんです。

大事なのは、親に負担がかかるのか、かからないのか? ということです。

負担をかけても大丈夫なら話をするのが得策です。いったん肩代わりをしてもらうか、一部を援助してもらう形で借金は返済しましょう。

負担をかけたら危ないと思うのであれば、話す必要はありません。

親に借金のことをどう話したらよいのか? については、こちらの記事も参考になります。

おすすめ記事
借金を親に話す
借金を親に話す!最小限のケガで最大限の効果を発揮する話し方

借金について親と話をする際は、親の信頼を得ることに重点を置きましょう。そのためには完済予定になっている未来から現在、過去へと時間を後戻りさせる形で話をします。核心から話さずに、外堀から語っていくことで、相手の動揺を抑え、冷静な場を作ることができます。

続きを見る

 

借金を親に言えない場合の4つの選択肢

寿々木
親に話すか、話さないか、については、以下の選択肢を参考に、検討をしてみてください。

 

返済方法についても検討をしてみましょう。

借金を親に話す・話さない 4つの返済方法の選択肢

  • 借金を親に話す | 固定収入がある場合 | 任意整理によって借金を減額して完済
  • 借金を親に話す | 固定収入がない場合 | 自己破産によって借金を免除する
  • 借金を親に話さない(話せない) | 固定収入がある場合 | 任意整理によって借金を減額して親に黙って完済
  • 借金を親に話さない(話せない) | 固定収入がない場合 | 自己破産によって借金を免除してもらう
寿々木
返済が困難になっており、親にも相談ができない、という方におすすめ返済方法があります!

現在返済することに困っており、親にも相談ができないという場合は、任意整理による借金の返済予定をとりあえずたててみてください。

任意整理の実際の返済がはじまるまでには、依頼をしてから2か月~4か月は時間を要します。

それまでにお金を貯めることができないか? 親に相談ができないか? を検討してみるのがよいです

依頼をすれば、即時に利息は止まりますから、これ以上借金額が増えることはありません。

固定収入がない方は、自己破産を検討しましょう。弁護士を通せば、親に内緒で借金を完済できます。

弁護士に現在の収入の状況をお話してみて、相談にのってもらいましょう。

※ プライバシー安全管理のために相談は電話になります。専門家とは電話でお話をするようにしてください。

 

借金を家族に言えない場合は完済した後で報告するのが良い

借金を家族に言えない場合は完済した後で報告する

借金を親に相談できない方がとる借金返済方法

  • 専門家に相談をして、任意整理によるしっかりした返済計画案を練ってから、家族に相談するか、しないか、を模索していく

借金を親に相談することがむずかしい4つのケース

  • 親が田舎にいる → 手紙を書いて、一度会う
  • 母子家庭である → 親に相談をせずに解決する
  • 実家暮らしである → これまでとは違った印象操作をして、話し合いの場を作る
  • 両親に迷惑をかけた過去がある → 親に相談をせずに解決する

任意整理をすれば自力で返済ができます。

親に相談がなかなかできない方は、専門家に相談をして、完済をした後で言う、という返済方法を考えてみてください。

許されたり、許し合ったりするのが、家族です。

自分の負債としっかり向き合うことが大事です。

「実は前に借金をしていたんだ」と話せる未来へ向けて、今できる行動を起こしましょう。

おすすめの弁護士事務所 【天音総合法律事務所】

診断を開始すると、質問がスタート! 「匿名」でもOKです。3分程度の簡単な記入の1分後に自動返信メールが届きます。

天音総合法律事務所は東京都の千代田区にあります。費用が割安で、借金問題に強い法律事務所です。営業は平日9時~21時、土曜10時~19時、日曜10時~19時。営業時間外でも24時間受付。面談の際には、全国どこへでも出張してくれます。

  • この記事を書いた人
寿々木 与

寿々木(すずき)

このサイトは借金に苦しんだ管理人の経験から誕生しました。自主退職後、起業で失敗し700万を失い、借金が350万円まで増えてしまって、完全に首が回らなった後、3年掛けてようやく借金を完済し終えました! わかりやすくお伝えするために、対話形式を用いてストーリー仕立にしております。

あわせて読みたい記事

借金 1

任意整理を行う際には、着手金が2~5万円、減額報酬が債務額の10%、解決報酬が2~5万円かかります。すぐに用立てする必要はありません。適正価格にするためのコツについても解説しています。

-借金問題クローズアップ
-

Copyright© 借金返済のコツを教えます ~多重債務のブログ〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.