借金の心理

借金はなんとかなるもの?|5つの判断材料でわかる対処法

投稿日:2019年8月8日 更新日:

寿々木
計画をたてていたとしても、返済が滞ったり、額が増えてしまったり、など借金との付き合いはむずかしいです。
借金はなんとかなるのか、ならないのかはどう判断したらいいの?
サチコ
寿々木
「未来」を考えるのではなく、これまでの「過去」における借金との付き合い方を考えることで、対策も具体的にしていけます!

 

借金は何とかなるか? 総額、収支、借り入れ数、理由、経過で判断する

借金はなんとかなるもの?|5つの判断材料で対処法を考えてみる

次の5つを具体化してみると、現在ご自身の借金問題のレベルについて判断ができます。

借金をなんとかするための判断材料5つ

  • 返済総額
  • 収入と支出のバランス
  • 借り入れ社数
  • 借金理由
  • これまでの経過

ひとつずつ解説していきます。

 

借金総額を数値化してみる

借金

現在の利息を含めたの借金(債務総額)を洗い出してみましょう。

現実的に返済できる額であるのかを考えることで、それが返済可能なものであるかどうかがわかります。

利息はまったく無駄な支出ですから、「こんなによけいなお金を毎月支払ってまで借金をする理由はあるんだろうか?」と疑問に思うのであれば、借金は整理してしまったほうがよいです。

 

収入と支出のバランスをはかってみる

借金

現在「収入」よりも「支出」が多ければ、間違いなくこれから借金額は増えていきます。

借金をすることで、使うお金は増えていきますから、借金以外の収入源も増えていっていなければなりません。

収入が増えていることで、収入と支出の幅は広くなっているはずです。企業でいえば資本が大きくなっていっているようなものです。

「収入」が増えておらず、借金をしているのであれば、本来現在に損失を被ることを「未来」に引き延ばしていることになります。

 

借り入れ数がすでに複数社なら危ない

借金

通常の場合であれば、貸金業者は返済能力に見合った金額しか債務者には融資できません。

2010年に貸金業法が改正されました。貸出総額に制限がかかり、借入限度額は年収の3分の1までとされています。

年収の3分の1を上回っているのであれば、その借金額は返済能力を超えています。

よそでお金を借りることで、本元の借金返済に充てている、という状況になってはいないでしょうか?

 

理由が明確でない借金は危険信号!

そもそもなんのために借金をしてしまったのか? 理由を今一度考えてみましょう。

即金が必要でついついキャッシングをしてしまった。しかし、計画が狂ってしまって、借金がかさんでいってしまった、という場合がよくあります。

それが本当に必要なお金であったかどうかなのかを判断することで、借金がどうにかなるものなのか、どうにもならないものかが、端的にわかります。

 

経過が順調である

借金

以下の事項を、明確にして書き出してみましょう。

予定通りの返済計画が運んでいるかどうか? 月単位での収支のバランスと、純利益の伸び率をグラフにしてみると、さらによいです。

借金返済経過が順調であるかの確認ポイント

  • 最初の借入額
  • 現在の毎月の借入額
  • 毎月の返済額
  • 毎月の固定収入額
  • 予定の臨時収入(ボーナス)
  • 財産

収入が増えていないにも関わらず、支出が増えているのであれば、今の借金との付き合いが身の丈に合っていないと判断できます。

「借金総額」と「収入に対しての支出」のバランスが悪いのであれば、新たな借金返済のプランをたてる必要があります。

返済能力を超えた借金はなんともならないです。

いずれ、切羽詰まった状況に陥ります。早い段階での借金返済の対策考えましょう。

借金生活で人生がどん底だ…と感じている方は、次の記事がとても参考になります。

おすすめ記事
未来のために今やるべきこと
人生どん底、借金生活…危機的な状況を打開する方法を教えます

借金があって人生がどん底な方に、逆境を跳ね返すための具体的な方法をお話します。収入アップの図り方、効率的な借金返済法、人生を好転させるためのマインドを実践すれば、人生は好転します!

続きを見る

 

借金をなんとかしたい場合の対処法

寿々木
借金返済がむずかしそうなら、債務整理で解決するのがよいです。
債務整理ってどういうものなのかしら?
サチコ
寿々木
金利をストップさせて元本だけを支払う任意整理の方法を選択しましょう。
寿々木さんが返済した方法よね。でも、迷う人も多いんじゃないかな…。
サチコ
寿々木
経験的にいって、任意整理で返済できるなら、今のうちに返済に踏み切ったほうがよいです。

 

任意整理での返済を検討してみる

任意整理の流れ

任意整理は、3年程度をかけて、債務者が毎月返済可能な額を債権者に返済していく債務整理です。

弁護士に相談した時点で、一切の取り立ては止まります。弁護士に面談をしたあとは、債務者は債権者とやりとりはありません。

 

任意整理のメリットとデメリット

借金

任意整理のメリット

  • 弁護士に依頼をした月から金利がゼロになる
  • 取り立てが止まる
  • 弁護士に面会するだけで手続きは簡単。弁護士がすべてやってくれる
  • 支払い能力に合わせた返済ができる
  • 財産は没収されない
  • 借金理由は不問
  • 会社や家族に内緒でできる

任意整理のデメリット

  • 固定収入が必要。
  • 債権者との和解が必要(ただし、業者との交渉のすべては弁護士が行ってくれます。)。
  • ブラックリストに掲載される。

任意整理のデメリットを詳しく知りたい方は、こちらの記事が参考になります。

おすすめ記事
任意整理のデメリット
任意整理における信用情報機関の掲載で起るデメリットとその対策

任意整理で信用情報機関に掲載されることのデメリットは、ローンが組めなくなる・新しくクレジットカードが作れなくなる・銀行口座が3か月凍結する・保証人になれない・携帯の機種を分割購入できない・新転居先の審査に落ちることがある、など。すべて対策があります。

続きを見る

 

金利がストップします

借金

任意整理は、金利をストップさせてこれまでの総債務額を毎月一定額を支払っていくものです。

出資法に基づいた「債権者の出資法による金利」と、「利息制限法に基づいた債務者に有利な金利」を比べてみたときに、その総債務額は違っている場合があります。

そうなると、さらに債務者の借金は減額されます。

ご自身の借金がぜんぶでどのくらいあるのか? を弁護士に相談をして、確認してみることが大事です。

無駄な利息を支払っていることは、本当に意味がないことです。

借金を抱えている方は、金利の支払いが滞り、借金額が増えていくパターンが多いです。任意整理を始めたその月から金利はストップします。

新たにお金を借りるのでなければ、これ以上借金が増えていくことはありませんから、任意整理をすれば計画的に返済していけば借金を返済することができます。

 

任意整理後もクレジットカードを使うことは可能

借金

任意整理を行うと、ブラックリストに掲載されますので、この点だけは注意しておきましょう。

ブラックリストに事故情報が載るということは、「この人は金銭トラブルを起こした経験がある」ことを知らせるものです。

ただ信用情報は専門家が閲覧するものであって、個人が見るものではありません。会社の上司や社長が見ることはもちろんありません。家族や身内にも知られることはありません。

ただし、貸金業者は信用情報をもとにお金を貸していますから、任意整理を行うと、ブラックリストの登録から名前が削除される5年のあいだは、どこからもお金を借りることができません。

また、任意整理対象となったクレジットカードを使うことも、新しくクレジットカードを作ることもできません。

借金

しかし、任意整理をしてもクレジットカードを使用できる方法はありますので、参考にしてください。

任意整理をしながらクレジットカードを使用する2つの方法

  • キャッシングに使っていなかったクレジットカードを使う。
  • 任意整理を始める前に、審査の甘い会社のクレジットカードを作っておく。

任意整理の対象外のクレジットカードであれば、債務整理後でも使うことができます。

すべてのカードで借金をしてしまっている場合は、任意整理前に審査が甘い新規のカードを作るのがよいです。

クレジットカードの審査難易度

【低い】 < 【高い】

消費者金融系 < 流通系 < 交通系 < 信販系 < 銀行系

カードの審査が通らない場合もあるか、とは思いますが、流通系は比較的審査が緩く、セディナなどに申請してみましょう。(ただし、一度に何社も申請しないほうがよいです。1社1社確認していきましょう。)

 

借金理由は問われない

借金

「結局自分が作ってしまった借金…」と恥や疚しさから、債務整理に踏み出せない、という方がいらっしゃいますが、なぜ国による債務者の救済措置があるのか? を改めて認識しましょう。

借金問題はさっさと整理してしまって、その後に経済活動をしてくれたほうが、社会一般的にはよいことなのです。

「このまま借金生活をしていたほうが、まだ余裕がある生活が送れる」「少なくとも今はなんとか生活できている」と考えているならば、問題を先送りしているだけのことに気づいてください。

完全に返済能力がなくなってしまうと、自己破産をするしか方法がなくなってしまいます。

任意整理ならば、借金の理由は問われません。自己破産はそれが身勝手な借金であるならば認可が下りないケースがありますので、注意してください。

自分の返済可能な時点で借金対策を考えてみることをおすすめします。

 

借金あってもなんとかなるは今だけの話

借金

多くの債務者に見られるのは、最初は少額のキャッシングからはじまり、だんだんと借金が増えていくパターンです。

経験者からいうと、「なんとかなる」と思っていてそのうち「なんともならない…」となるのが、いわゆる借金です。

借金はなんとかなる、と思っているということは、実はなんかならないんじゃないか…と思っている裏返しなのではないでしょうか?

具体的な完済目途を一度考えてみましょう。

借金によって、自分の人生を奪われないよう、実り多い人生を歩んでください!

おすすめの弁護士事務所 【天音総合法律事務所】

診断を開始すると、質問がスタート! 「匿名」でもOKです。3分程度の簡単な記入の1分後に自動返信メールが届きます。

天音総合法律事務所は東京都の千代田区にあります。費用が割安で、借金問題に強い法律事務所です。営業は平日9時~21時、土曜10時~19時、日曜10時~19時。営業時間外でも24時間受付。面談の際には、全国どこへでも出張してくれます。

  • この記事を書いた人
寿々木 与

寿々木(すずき)

このサイトは借金に苦しんだ管理人の経験から誕生しました。自主退職後、起業で失敗し700万を失い、借金が350万円まで増えてしまって、完全に首が回らなった後、3年掛けてようやく借金を完済し終えました! わかりやすくお伝えするために、対話形式を用いてストーリー仕立にしております。

あわせて読みたい記事

借金 1

任意整理を行う際には、着手金が2~5万円、減額報酬が債務額の10%、解決報酬が2~5万円かかります。すぐに用立てする必要はありません。適正価格にするためのコツについても解説しています。

-借金の心理
-

Copyright© 借金返済のコツを教えます ~多重債務のブログ〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.