借金相談

旦那が借金を隠してた…離婚?修復?妻がとるべき最良の選択は?

投稿日:2020年2月3日 更新日:

寿々木
旦那さんが隠れて借金をしていたとき、妻の立場としてはどう対応をするのがいちばんいいか? その解決法をお話します。
できることなら離婚はしたくないって思ってる人も多いわよね。
サチコ
寿々木
ご主人に二度と借入させずに、借金を確かに完済する対策がありますので、その解決法を考えてみるのが、まずよいのじゃないか、と思います。
この話を読んで、離婚については考えてみてもいいかもしれない。
サチコ

 

旦那が借金を隠してた…離婚を考える前に債務整理を検討しましょう

旦那が借金を隠してた…離婚を考える前に債務整理を検討しましょう

旦那さんが隠れて借金をしたことが分かった! そんなとき離婚を考えるよりも前に、旦那さんに債務整理で借金を完済してもらうことを考えてみてください。

債務整理は合法的に借金を減額、または免除をして、窮地に陥った債務者を救済する借金整理法です。

債務整理をすると、その後5年間ほど強制的に借り入れができなくなるため、旦那さんを借り入れを阻止できます

旦那の借金対策には債務整理がよい理由

  • 債務整理をすると借金を減額して完済できる
  • 債務整理をするとその後5~7年間は強制的に借り入れができなくなる

旦那さんの借金で苦しまれて、離婚しかない…と悩まれている方は、今はまだ感情的になっている部分もあるかもしれません。

とにかく債務整理をすれば借入が不可能になるために旦那さんの借金癖を辞めさせることができますので、それから事態の進行を冷静に考えてみるのがよいです。

親に援助してもって返済する、貯金を崩して一緒に返済をしていく、とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的には債務整理で完済をするのがよいです。

なぜなら旦那さんがはきっとまた借金をしてしまうからです。

もう離婚しかない、とお考えの方は、協議離婚、調停離婚、離婚裁判で離婚の手続きをすることになります。その解説もしていきます。

 

債務整理で借金を減額、または全額免除する

債務整理

債務整理は3つの方法があります。

3つの債務整理

  • 任意整理 弁護士を通して、債権者と減額交渉をしてもらう
  • 個人再生 裁判所を通して、借金を減額してもらう
  • 自己破産 裁判所を通して、借金を免除してもらう

3つの債務整理の違い

任意整理個人再生自己破産
特徴・完済までの利息をカット

・払い過ぎた利息を減額

借金額は数分の1にまで減額借金総額を免除
手続開始までにかかる時間2か月~半年4か月~半年・財産がなければ2週間~1か月

・財産がなく、即日面接ならば2日~3日

・財産があれば2か月~3か月

実際に返済にかかる期間3年~5年3年~5年・財産がなければは2か月~3か月半

・財産があれば6か月~1年

手続にかかる費用 (弁護士)・着手金が1社あたり2万円~5万円

・減額報酬が減額された額からの10%

・解決報酬が1社あたり2万円

30万円~60万円20万円~40万円
手続にかかる費用 (裁判所)なし30万円・財産がなければ1~3万円

・財産があれば50万円

手続をしたことによって起ること借入が5年間できない借入が5~10年間できない借入が5~10年間できない
家や財産への影響影響なし・家は影響なし

・車は売却しなければならない

・20万円以上相当の財産は没収される(家や車など)

・99万円以上の現金は没収される

保証人への影響影響なし減額された額が一括請求される免除された額が一括請求される
弁護士との面会回数1回3~4回3~4回
家族や会社に知られる?知られない知られない知られない

任意整理が最もポピュラーな債務整理法で、これから払うはずの利息をゼロにして、3~5年をかけて一定額を支払っていって借金完済をするものです。

利息を払えなくなってべつの業者から借り入れをする自転車操業に陥っている方が多いので、利息をゼロにすることで完済しやすい対策をします。

新たな借り入れをやめて、元本の返済のみに集中して完済できるわけです。

住宅ローンをお持ちの方は、個人再生という債務整理法をおすすめします。

個人再生をすると、借金を完済するまで、住宅ローンをストップできます

また個人再生では多額な借金も大幅な減額が期待できるため、事業の失敗などで借金を作ってしまった場合にも非常に有効です。

支払い能力がまったくない、という方は自己破産を検討することになります。

自己破産は世間のイメージが悪いものがありますが、デメリットを知っておき、対策を考えておけば、それほど心配する必要はないといっていいです。

とにかく債務整理を検討する方は、デメリットについてしっかりと確認をしておくことが大切です。

前もって対策をしておくとよいです。下の記事を参考にしてください。

おすすめ記事
任意整理のデメリット
任意整理における信用情報機関の掲載で起るデメリットとその対策

任意整理で信用情報機関に掲載されることのデメリットは、ローンが組めなくなる・新しくクレジットカードが作れなくなる・銀行口座が3か月凍結する・保証人になれない・携帯の機種を分割購入できない・新転居先の審査に落ちることがある、など。すべて対策があります。

続きを見る

費用については、こちらの記事を参考にしてください。

おすすめ記事
借金
任意整理の費用の相場と支払いを安く抑えるための具体的な対策術

任意整理を行う際には、着手金が2~5万円、減額報酬が債務額の10%、解決報酬が2~5万円かかります。すぐに用立てする必要はありません。適正価格にするためのコツについても解説しています。

続きを見る

債務整理をしても、ご両親や会社に知られることはありません。ご夫婦二人で解決できます。

相談のみならば当人でなくても可能です。(専門家に相談をする場合、通常は5,000円ほどかかります。)

プライバシー安全管理のために診断結果は電話になります。必ず電話でお話は聞くようにしてください。

 

夫が離婚に合意しない場合は離婚理由が必要

離婚理由の必要性

離婚を決めている方は、次の3つの選択肢のどれかで手続きを行います

3つの離婚手続き

  • 協議離婚 夫も合意している 市町村役場に離婚届を提出すれば離婚成立
  • 離婚調停 夫と話し合いをする 家庭裁判所で調停成立後に離婚が成立
  • 離婚裁判 夫が話し合いに応じない 妻側に有利となる夫の不利な理由があれば離婚成立 

夫も離婚に合意をしている場合は、双方が署名と捺印をして、市町村役場に離婚届を提出すれば、それで離婚成立です。

離婚全体のおよそ9割が、この協議離婚ですので、夫と話し合いができる状態であるならばこの選択で手続きをしましょう。

夫が離婚に合意をしていない場合は、妻側から申し立てをして、家庭裁判所によって離婚調停を行います

調停は非公開で、弁護士を立てずとも行えます。費用もそれほど高額ではありませんから、安心して臨みましょう。調査委員2名が夫婦二人の間に入って、意見を交換しながら、和解策を探っていく形です。

離婚調停で離婚の合意が至らない場合は、離婚裁判をします。民法第770条には以下のように離婚については定められています。

民法第770条 1項

夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

一配偶者に不貞な行為があったとき。

二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。

三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。

四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。

五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

引用元 wikibooks https://ja.wikibooks.org/wiki/憲法770条

離婚を成立させるには「離婚の理由」が必要なので、この点は注意してください。正当性のある離婚理由が、裁判所によって認められなければなりません。

夫が借金をしていた場合にいちばん考えられるのは、満足のいく生活費が渡されていないパターンです。これがあると1項の2番目にあたる「配偶者から悪意で遺棄された」として、離婚理由が立証できます。

寿々木
離婚をしても旦那さんの借金は家族には相続されません!

夫の借金は離婚をしても相続されませんので、安心してください。連帯保証人になっていない限り、いかなる理由でもご家族に返済義務は発生しません。知らないあいだに連帯保証人とされていたとしても、同じく無効です。

ただし、住宅ローンの連帯保証人になっている場合は、返済義務が発生します。この場合は夫に対して返還請求ができるので、弁護士に相談をして、いったんともに支払う形をとって、お金を取り戻してください。

唯一妻が返済義務が発生するのは、「日常家事債務」です。

「日常家事債務」とはどんなものか? というと、旦那さんの借金理由が光熱費や食費などご家族で共有するものであった場合、妻にも返済義務が発生する、というものです。

ただし、支払い能力に応じて対応がされますので、これについても弁護士に相談をすれば解決することが多いです。

寿々木
旦那さんに借金があっても、旦那さんに慰謝料や養育費の支払い義務は課せられます!

旦那さんがお金に困窮した状態でも、こちら側は相手に慰謝料や養育費を請求できる権利があります。給料や預金を差し押さえることが可能ですので、弁護士に相談をしましょう。

借金問題、離婚問題に強い弁護士事務所です。

こちらは借金診断ツールになりますが、送られてくる自動返信メールに「離婚問題」について悩んでいることを記載すれば、相談に乗ってくれます。

プライバシー安全管理のため、必ず電話でお話は聞くようにしてください。

 

旦那が借金を隠す理由で、離婚か、修復か? を判断する

寿々木
旦那さんの借金がわかって、離婚を選択すべきか、修復すべきか? で悩んでいる方にいくつかのポイントをお話します。
なにを判断基準にしたらいいの? 額かな?
サチコ
寿々木
いちばん注目しなければいけないのは、借金の理由です。借金はどういうものであれ後ろめたいわけですけど、一度冷静に事情を考えてみる必要があります。

 

借金の理由が家庭に起因するものであれば我慢も必要

離婚の理由

旦那さんの借金の理由はなにか? どうしたらいいかを迷っていらっしゃる場合は、それをもとに離婚か、修復かを判断するのがよいです。

とにかく「借金理由」については詳しく問いただす必要があります。

なぜなら身勝手な借金であるか、やむにやまれない借金であるか、によって夫における家族を思う度量が変わってくることが考えられるからです。

もちろん借金をしたこと、借金をしたことを黙っていたこと、それらについては悪いことですが、旦那さんにも言い分がある場合があります。

たとえば借金をした理由が以下のようなものについてならば、言い分を聞いてあげましょう。

  • 生活費のため
  • 養育費のため
  • 仕事のキャリアップのため

妻が旦那の借金そのものに理解を示すことはむずかしいとは思いますが、生活をする中で仕方なくできあがった借り入れであるならば、今回は債務整理をして、借金を完済することで家庭を修復させる方向でなんとかがんばってみましょう。

ちなみに修復が望めるケースは以下のようなものがあるので、参考にしてください。

借金理由と修復の方法

浮気がらみで借金相手にお金を渡していなければ、話し合いをして、借入の手段を断ちます
借金理由がギャンブル夫を病院に行かせて専門治療を行います
転職・失職が理由で借金公的補助を検討。即座に判断をせずに、役所に相談を
引っ越しや車などで借金しっかりとした具体的な返済計画をたてれば大丈夫
浪費が理由で借金旦那さんの借り入れできる環境をなくしてしまうこと

債務整理をすれば旦那の借り入れを今後なくすことができます。

5年~7年のあいだ借り入れをできなくして、旦那さんの借金ルートをなくしてしまうことで、家族の修復はできないか? を今一度考えてみてください。

 

夫が嘘を吐く場合でも話し合いに応じるのであれば解決できる

夫が嘘を吐く場合でも話し合いに応じるのであれば解決できる

借金について問いただしても、旦那さんが謝らずに、うやむやにしようとする態度をつづけるのであれば、離婚という考えを持ち出しても致し方ないと思います。

ただし、こういう場合、夫は妻を説得できる理由が見つけられないためにただ逃げようとしていることが多く、胸の内では離婚をしたくはないとほぼ思っているので、何度か時間を置いて、お二人で冷静に話し合ってみることが大切です。

旦那さんが借金をした場合の話し合いについては、こちらに詳しく解説をしていますので、ぜひごらんになってみてください。

おすすめ記事
旦那の借金で話し合い
旦那の借金で話し合いをするときにはどう対応をするのが適切か?

旦那が借金をして話し合いを持つ場合、債務整理による解決を提案しましょう。これから5年ほど借り入れができなくなるので、旦那が借金ができなくなります。安易にお金を借りられることが、一番大きな借金をしてしまう理由です。当人でなくても弁護士には相談ができます。

続きを見る

 

二度と家庭に借金を持ち込まないための10の施策

寿々木
旦那さんに二度と借金をさせないために、妻として行うこと、旦那さんにやってもらうことをお話します。
どうして被害に遭ったわたしがこんなことをやんなくちゃいけないの? って思ってしまうんだけど?
サチコ
寿々木
夫婦は日々の積み重ねが絆を作ります。怒ることは怒る、悲しむことは悲しむ、また相手にしてあげられることは相手にしてあげるのが、夫婦だと思います。

二度と家庭に借金を持ち込まないための10の施策

  • 肩代わりはしない
  • ギャンブル依存の場合は病院へ
  • 一切のお金の管理は妻が行う
  • お金が必要なときは必ず相談
  • 夫の支払いを要チェック
  • 夫にはデビットカードで支払いをさせる
  • 帰宅時にMailかLINEをしてもらう
  • 家庭の中に夫に居場所を作る工夫を
  • 給料日には外食をする
  • 二人で同じ目標を共有する

 

旦那の借金を肩代わりはしない 【1】

借金を肩代わりしない

旦那さんが作った借金を肩代わりするのはおすすめしません。

借金問題はあくまで個人の問題です。

貯金を切り崩して家庭でなんとか今回の旦那の借金を返済しようとしてみたり、義理の両親に話をしてなんとかしてもらおうとするのは、極力避けるべきです。

義理の両親に告げ口したところで、相手の両親は子供の借金問題について、あなたほどの痛みを覚えません。いえば、すっきりするかもしれませんが、今後起こるだろう問題の火種を後々に残すことになります。

旦那さんは今後また借金をするでしょう。旦那さんの借り入れのルートを絶つことがなにより重要です。

援助がどこからか期待できるのであれば、一部を返済にあてるのがよいです。

債務整理を行って返済すれば、5年間は借り入れができなくなりますから、旦那さんを懲らしめることができます。

 

ギャンブルの場合は依存症が考えられるので、病院へ行かせる 【2】

ギャンブルの場合は依存症が考えられるので、病院へ行かせる

ご主人の借金理由がギャンブルであれば、精神科を受診してください。

ギャンブル依存は精神疾患の1つであり、当人の意思では解決することができません。

現在は専門の医療も発達しており、旦那さんには治療を受けさせて、とにかくギャンブルのことを考えられない生活環境を作ってあげることが最優先事項です。

ギャンブル依存の専門外来がある「心身症専門外来」を受診するのがよいです。

 

一切のお金の管理を妻が行う 【3】

一切のお金の管理を自分が行う

今後お金に関するすべての管理を自分でやりましょう。

お金の管理をする際は、まずは口座を分けてください。

3つの口座

  • 収入用口座
  • 支出用口座
  • 貯蓄用口座

収入用口座とは別にもう一つの口座を作り、一か月あたりの収支表を作って、一月にかかる生活費を捻出します。そこへ一月分にかかる生活費を振込します。毎月の生活費はその「支出用口座」に分けたお金のみから支払うようにしましょう。

「支出用口座」のお金が足りなくなった場合は、収入用口座から引き出して、必ず「支出用口座」にいったん振り込みをします。

こうすると、ふだんどんなものにいくらくらいお金を使っているか? が具体的に「見える化」していきます。

可能ならば、さらに「貯蓄用口座」もぜひ作ってください。

月末に、余ったお金を「貯蓄用口座」に入れていきます。毎月1万円の貯蓄をしましょう。少しずつ貯えができていきます。

お金の管理能力があがっていくと、自分で収支がコントロールできるようになっていきす。

ほかにも、買い物リストを作ったり、家計簿をつけるのも大事です。旦那さんには毎月決まったお小遣いをあげ、足りなくなったら必ずいってもらう、という段取りを踏むのがよいです。

 

お金が必要なときは必ず相談をしてもらう 【4】

旦那さんにお金が必要になったときは、必ず相談をしてもらうようにしましょう。

急な出費の理由

  • 出張代
  • 冠婚葬祭
  • 病気・事故
  • 親族の病気・事故
  • 車関係
  • 家電の故障
  • 税金関係

生活をする上においては、急なお金の出費もままあります。あれもダメ、これもダメ、だと息がつまって、家庭生活がうまくいきません。

お金を使うときは必ず二人で決めてから、という取り決めをしておくと、お金の問題が起こった際に、誰が悪いのか? がはっきりします。

急な出費は貯蓄から引き出すようにしましょう。

 

何にお金を使ったかを記載してもらう 【5】

何にお金を使ったかを記載してもらう

ご主人がふだんなににお金を使っているのか? を記載してもらうようにしましょう。

「…面倒だ」ときっというでしょうから、お金を使ったときにレシートを必ずもらってくるようにいってください。財布にたまったレシートを奥さんが日頃からチェックするようにするとよいです。

スマホで家計簿アプリが無料で使えます。レシートの読み取り機能がありますので、それを利用しましょう。

アプリが自動入力してくれます。そのために家計簿をチェックするのは、月に一度程度でかまいません。

給料日のときに、旦那さんのこの1月に使ったものと使った額を示して、話し合いをするのがよいです。

 

現金払いはやめてデビットカードにする 【6】

旦那さんにはデビットカードでお小遣いからの支払いをしてもらいましょう。

現金払いですと、なにに使ったのか? がわりと不明瞭です。

デビットカードならば明細は必ず発行されますし、証拠として残りますから、浪費もチェックできます。また、デビットカードはキャッシング機能がないため借り入れができなくなります。

 

帰宅時に必ずメールやLINEを送ってもらう 【7】

帰宅時に必ずメールやLINEを送ってもらう

借金を二度とさせないために効果的なのが、旦那さんから帰宅時に毎日一言メッセージをもらうことです。

借金をしたということは、お金を使っていた時間があったはずであり、たいていそれは仕事の帰りです。お金を使う時間を奪ってしまえば、お金を借りる行為をそぐことができます。

すでにそのような取り決めがあるのだけれど、旦那さんがメッセージを送ってくれない、という場合は、こちらからのメッセージにちょっとした工夫をしてみてください。

たとえば「何時に帰ってくるの?」と連絡しても返信が来ないのなら、「夕飯は8時でいい?」とその内容にご主人が加担すべき文句を入れるのがよいです。

なぜこれが効果的かというと、自分にも関係がある内容である場合、それに対応をしないと、受け取った側に罪悪感が湧くためです。

仕事帰りのチェックは必須です。

 

家庭の中での旦那の居場所を考えてみる 【8】

子供を第一に考える

旦那さんの借金の理由のひとつに、妻が子供にかまけすぎていて、旦那さんがおざなりになっていた、という場合があります。

子供は最初は手がかかりますが、だんだんと自立していくのに対して、旦那さんはある意味生涯手がかかるパートナーです。

子供ができてから夫婦の付き合いが薄くなったかも…とどこかで感じるのであれば、今回のことは二人の愛情を確認する絶好の機会であり、旦那さんとよく話し合ってみるのが大切です。

旦那さんの居場所を家庭のどこかに作れないか? を考えてみましょう。

たとえば「旦那が家事をやってくれない…」という場合、旦那が得意な料理を褒めてみてください。男は自分がやっていることにプライドがあるので、自分がしたことを褒められると調子に乗ります。

 

給料日は外食日とする 【9】

一月に一度家族の記念日を作っておくとよいです。

夫の給料日に外食をする習慣をつけましょう。

高級なお店でなくても、ラーメン屋でも、ファミリーレストランでもよいです。とにかく家族で団らんをすることが大事です。

一月に一度美味しいものが食べられるとなれば、奥さんとしても日々が活性化しますし、夫との会話もそれまでより弾みます。

食事の席で、旦那さんを日々の仕事を労ってあげれば、決して悪い顔はしないと思います。

 

目標までの道のりを共有する 【10】

目標までの道のりを共有する

借金をした旦那さんと今後うまくやっていく方法として、お互いそれぞれの人生の目標設定をしあって、それを共有するという形とるのがとても有効です。

目標に関しては、二人とも同じことでもよいですし、それぞれ別個でもよいです。

その目標が家族のためという同じ土俵に乗っていることが大事です。

そうすると、自然とお金の価値観もまた共有されていきます。

たとえば、奥さんが「買い物はなるべく控える」、旦那さんが「飲み会はなるべく控える」とすれば、お互いのそれぞれの目標が、互いを励まし合い、互いに罪悪感を植え付けていくことができます。

旦那が借金したことを許せない…と悩んでいる方は、こちらの記事を読んでください。深く悩んでいる方ほど立派な妻である証拠なので、めげることはありません。

おすすめ記事
旦那の借金を許す 
旦那の借金を許せない妻が知っておくべき1つの真実と5つの行い

旦那さんの借金はあくまで個人的問題です。連帯保証人でなければ、親族に返済義務は発生しません。取り立てが及んだり、誰かに知られたり、借入ができなくなったりすることもありません。借金はあくまで借りた側の責任であり、その人が解決すべきものであることから考えを出発させましょう。

続きを見る

 

借金は家族の問題であることを互いに確認し合う 【まとめ】

家族のためにこの先どうするかを考えましょう

旦那が借金を隠してた場合の解決法となる債務整理

  • 任意整理 弁護士を通して、債権者と減額交渉をしてもらう
  • 個人再生 裁判所を通して、借金を減額してもらう
  • 自己破産 裁判所を通して、借金を免除してもらう

旦那さんが隠れて借金をしていたことがわかると、大きな不安に妻は打ちのめされてしまいますが、基本的に許さなくてよいですし、借金は旦那の問題であると認識してください。

借金問題を自分には関係がなく、そちらで解決してもらうことを、旦那には訴えましょう。

家族に一員として「協力はする」というのがよいです。

そして、金銭的問題が解決する、となってから、これからのことについては考えるのがよいです。

借金問題は夫が勝手にやったことです。夫に問題解決してもらうことです。

債務整理をすれば返済ができますし、今後借り入れができなくなります。

これからの家族を見つめて、もっともよい選択肢はなんであるのか? を冷静な対処をもってしましょう。

借金問題を解決することが、家族にとっての最優先事項です。

おすすめの弁護士事務所 【天音総合法律事務所】

診断を開始すると、質問がスタート! 「匿名」でもOKです。3分程度の簡単な記入の1分後に自動返信メールが届きます。

天音総合法律事務所は東京都の千代田区にあります。費用が割安で、借金問題に強い法律事務所です。営業は平日9時~21時、土曜10時~19時、日曜10時~19時。営業時間外でも24時間受付。面談の際には、全国どこへでも出張してくれます。

  • この記事を書いた人
寿々木 与

寿々木(すずき)

このサイトは借金に苦しんだ管理人の経験から誕生しました。自主退職後、起業で失敗し700万を失い、借金が350万円まで増えてしまって、完全に首が回らなった後、3年掛けてようやく借金を完済し終えました! わかりやすくお伝えするために、対話形式を用いてストーリー仕立にしております。

あわせて読みたい記事

借金 1

任意整理を行う際には、着手金が2~5万円、減額報酬が債務額の10%、解決報酬が2~5万円かかります。すぐに用立てする必要はありません。適正価格にするためのコツについても解説しています。

-借金相談
-, , , , , , ,

Copyright© 借金返済のコツを教えます ~多重債務のブログ〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.