借金問題クローズアップ

借金を彼氏に言うことなく二人の関係をこのまま継続する方法

投稿日:2020年1月3日 更新日:

寿々木
借金を彼氏にどう言ったらいいのか迷っている方に解決策をお話をします。
そもそも言ったほうがいいのかしら? 言わないままだとやっぱり、彼に悪いことだよね?
サチコ
寿々木
正直に言うのが誠実だと思ってしまいがちだけども、実はそこって改めて考えてみなくちゃいけないポイントだね。
その辺りも含めて、借金はどう解決したらいいのか? その話を聞きたいわ。
サチコ
寿々木
はい。二人の関係を良好のまま継続するための借金の解決法をお話します!

 

借金は彼氏に言わずに債務整理で解決する

借金は彼氏に言うことなく

借金のことを彼氏に言えない場合や、言いたくない場合、また、言わないほうがいい場合は、債務整理で解決しましょう。

彼氏に内緒で借金返済ができます。

借金を隠していることは不誠実であり、大切な人には言わなくちゃいけないと思っている方が多いのですが、関係が悪化するのであれば言う必要はないです。

彼のことを考えるのであれば、彼に迷惑がかかりますし、自分の問題は自分で処理するほうがよいです。

完済後に、「借金をしていた」と言いましょう。

どんな場合は言ったほうがよく、どんな場合が言わないほうがいいのか? それらのことについては記事の後半でお話しています。

債務整理によって合法的に借金の利息をカットして完済できます。彼氏に内緒で借金返済が可能です。高額な借金であっても大丈夫です。借金理由も問われません。

任意整理という債務整理法で返済するのがよい理由を、以下で説明していきます。

 

借金は内緒で返済することができる

任意整理

任意整理の特徴

  • 内緒で借金返済ができる
  • 今後の利息をゼロにできる
  • 払い過ぎた利息を減額できる
  • 借金理由は問われない
  • 借金額の上限はない
  • 財産が奪われることはない
  • 自分の返済能力に合わせて毎月の返済額や返済期間を設定できる

任意整理は年間100万人近い方が利用している借金返法です。

これから払うはずの利息を全額カットし、また、払い過ぎていた遅延損害金をカットするなどもして、借金を減額することで、返済に困っている方でも借金を完済しやすくします。

また、身内や会社にも内緒で返済が可能です。

借金が他人に知られてしまう多くのきっかけは業者からの通知や明細書などが理由です。

任意整理をはじめて弁護士が貸金業者と交渉をすると、業者は債務者と連絡をとることを禁止されますから、取り立てができなくなるため、通知を送ることができません。

任意整理は、裁判所を通さない債務整理法なので、必要書類も少なく、財産処分をする必要もないため、利便性も高いです。

担当弁護士以外の関係を一切遮断して借金返済ができます。

弁護士とは一回面談をするだけです。メールや電話でのやりとりは何度かありますが、「家族や彼氏に知られたくないので」とちゃんといっておけば、そのように取り計らってくれます。

弁護士は雇い主に対して守秘義務が発生しますから、情報を外部に漏らすことができないわけです。

「彼氏に言いたくない」「このままじゃ借金が返せない」そう思う方は、任意整理で返済すれば、内緒で困っている借金を完済することができます。

借金減額診断ができますので、ぜひ利用してみましょう! 相談は何回でも無料。(通常は5,000円ほどかかります。)

※プライバシー安全管理のために借金診断は電話での対応になります。4分ほどの簡単な記載後、1分くらいで自動返信メールが送られてきます。

 

任意整理の具体的手続き

寿々木
任意整理はこんなふうに手続きが行われます!

任意整理をする際の手順

  • すべての借入社と借金額をリストアップする
  • 正確な借金額を理解する
  • 弁護士と相談をして具体的な返済計画案を作る
  • 返済を開始する (3~5年で完済)
  • 完済を目指して二度と借入はしない

 

すべての借入社と借金額をリストアップする

リストアップ

借金返済は借金額を正確に把握するところからはじめてください。

現在何社からどのくらいの借金額があるのか? 金額が正確でないと、返済計画が上手に立てられず、完済がうまくいきません。

明細などがあったら、それをぜんぶまとめておきましょう。

 

正確な借金額を知る

借金をしていたときに「遅延損害金」(返済が遅れたことで発生する法外な利息)があったり、古い貸し付け制度で業者が上限額以上の利子をつけていた場合などは、利息を払い過ぎていた可能性があるため、借金が減ります。

そのため債務者が思っている借金の額よりも実際に返済しなければならない借金額が少なくなる場合がけっこうあります。

自分で「借金の総額は○○くらい」と思っていても、たいていは正しくない場合が多いです。

いったいいくらを業者に借金をしているのか? ご自身の返済すべき正確な借金額を知ることが大事です。

専門家に相談をすれば知ることができます。

 

具体的な返済計画案を作る

返済計画案

自分の完済すべき債務総額がわかったら、弁護士と具体的な借金返済計画案を作っていきます。

任意整理をするには固定収入が必要です。

パートやアルバイトであっても大丈夫です。しっかりした返済能力があることを弁護士に伝えてください。

任意整理は実際の返済がはじまるまでに、弁護士に依頼をしてから2か月から4か月くらいかかるため、そのあいだに具体的な返済方法を吟味して、弁護士費用もそのときに支払います。

実際の返済がはじまるまでに時間がかかるのは、債権者との和解交渉が必要なためです。

弁護士費用をすぐに用意できない方は分割払いや後払いが可能です。

費用については、こちらの記事が参考になります。

おすすめ記事
借金
任意整理の費用の相場と支払いを安く抑えるための具体的な対策術

任意整理を行う際には、着手金が2~5万円、減額報酬が債務額の10%、解決報酬が2~5万円かかります。すぐに用立てする必要はありません。適正価格にするためのコツについても解説しています。

続きを見る

※ 弁護士は債務者がお金に困っていることを知っているので相談にのってくれます。費用についての疑問は、任意整理開始前に解消しておくと、とても安心です。

 

返済を開始する

任意整理の本格的な手続きがはじまったら、毎月の決められた一定額を債権者に支払っていきます。だいたい3~5年で完済します。

このとき債権者と面談したり、やりとりする必要はありません

振り込みを弁護士にお願いしてしまえば、業者と一切関りを持つこともありません。

取り立ては任意整理をはじめて(返済がはじまってからではなく、弁護士に依頼をした時点)は2日から1週間ほどで止まります。

即日に止めてもらいたい場合は、「任意整理をしたことを債権者に伝えてほしい」と弁護士にいってください。

このようなタイムラグがなぜ発生するか? というと受任通知が債権者の手元に届くまでにちょっと時間がかかるためです。

 

完済を目指して二度と借入はしない

借入をしない

借金を返済しはじめたら、二度と借入はしないことが大切です。

また借り入れをしてしまうと、せっかく始めた借金返済計画もうまく進まなくなってしまいます。

任意整理をはじめたけれどまた借金をしてしまって、結局借金が増えてしまった…なんてことにならないように、一度決めた返済計画案はしっかりと守っていきましょう!

 

任意整理のデメリットが実はメリットである理由

任意整理のデメリット

任意整理をすると、信用情報機関(ブラックリスト)に任意整理をしたことが記載されるためにいくつかのデメリットが起こるので、それについては知っておきましょう。

対策をとっておくと安心です。

借金が減額になる代わりにそのようなデメリットがあるわけですし、また実はデメリットはメリッになるものであることも理解をしておくとよいです。

任意整理を行ってから5年の間に起るデメリット

  • 信用情報機関に事故情報が載る
  • 住宅ローン・マイカーローン・教育ローンが組めなくなる
  • 新しくクレジットカードが作れなくなる
  • 銀行口座が3か月凍結する
  • 保証人になれない
  • 携帯の機種を分割購入できない
  • 新転居先の審査に落ちることがある

任意整理をはじめると、信用情報機関(ブラックリスト)に名前が掲載されます。信用情報機関から消えるまでは5年程度かかります。

そのあいだは借り入れができませんし、家族がローンを組んだりする際の保証人になったりすることもできません。

任意整理の対象であるクレジットカードを使うことができなくなったりもしますが、対象ではないクレジットカードを使うか、デビットカードを用いることで対応しましょう。

実をいうと、クレジットカード作成の裏技もあって、作ることもできます。

なので、どうしても新規で作りたい方は、以下の方法で作ってください。

任意整理のときのレジットカードの作り方

全部のカードで過去に借金をしていて、すべてが任意整理対象である場合は、任意整理前に審査の通りやすい会社に申請してクレジットカードを作っておくのがよいです。

審査が甘いところでクレジットカードを作ることを検討しましょう。流通系は比較的甘いです。信販系でしたら、「セディナカード」などがよいです。

消費者金融のカードは作りやすいですが、やめておきましょう!

クレジットカードの審査難易度

【低い】 < 【高い】

消費者金融系 < 流通系 < 交通系 < 信販系 < 銀行系

なぜ任意整理におけるデメリットがメリットになるか? というと、これから借金生活を改めることを考えるならば、借入ができなくなることが強制的に働くために必ず借金生活を改めることができるからです。

借金をしてしまう人は、借りられる状況があるからどうしても…そういうケースが多いのでは? と思います。

ローンを組むことも難しくなるわけですが、そもそも借金をしていてもローンの審査は難しいわけで、このことについては最初からなにも問題はないといえます。

5年すれば信用情報機関から名前が消えます。自由に借り入れができるようになります。

デメリットとその対策のさらに詳しいことについては、こちらの記事が参考になります。

おすすめ記事
任意整理のデメリット
任意整理における信用情報機関の掲載で起るデメリットとその対策

任意整理で信用情報機関に掲載されることのデメリットは、ローンが組めなくなる・新しくクレジットカードが作れなくなる・銀行口座が3か月凍結する・保証人になれない・携帯の機種を分割購入できない・新転居先の審査に落ちることがある、など。すべて対策があります。

続きを見る

寿々木
任意整理で返済することが難しい場合は、個人再生や自己破産などのほかの債務整理法で借金を解決することになります。これらの解決法でも、彼氏に借金のことは内緒でできます!

 

彼氏に言ったほうがいいケースと言わないほうがいいケース

言うべきか、言わないほうがいいか?

寿々木
借金について彼氏に言うべきか、言わないべきか? は以下の条件とご自身のケースを照らし合わせて、よく判断をしてみてください。

借金について言っても大丈夫なケース

  • 借金をした理由は「学費」や「医療費」など、第三者でも納得のできる正当性のあるものであり、なおかつ、将来的に借金返済目途がしっかりついていて、また借金があることを言っても理解を示してくれる彼であり、二人の交際は付き合ってしばらくは経っている頃で、結婚をまだ考えていない段階。
けっこう厳しい条件ねぇ…。
サチコ
寿々木
言わなきゃいけないって風潮があるけど、本当に言うべきなのか? は考えてみる必要があるよ。

ほとんどの男性は、お金にだらしのない女性を軽蔑しています。そういう女性を交際相手、ましてや結婚相手には選びません。妻の金銭管理がなっていないと、家庭が壊れてしまうためです。

黙っていたことは、すでに裏切り行為なので、今更言ったところで信頼を回復するのは大変です。

言わないことは確かに不誠実ともいえますが、言うことによってますます二人の将来がダメになってしまうケースは圧倒的に多いです。

本当に言うべきなのか、言わないほうがいいのか? は自分のケースの場合どうすればいちばん誠実的な行為であるか、という観点からよく考えてみる必要があります。

言うことが、自分の弱さから来ている現実回避となってはいるのならば言う必要はありません。

単にしゃべってしまいたい、という罪悪感から来ているのであれば、それは言うべきだという理由にじゅうぶんではありません。

 

借金は完済した後に言うのが最もよい

完済した後に言う

いちばんよい借金解決は、完済したあとに言う、です。

言わないのではなく、後で言えばよいわけです。

借金は債務整理で返済できるので、合法的に解決して、すべて問題が解決した後に、彼に言いましょう。

言わないほうがいい大きな理由に、彼の親の問題、があります。

なぜ親が付き合っている交際相手のことをとやかくいうか? というと、将来パートナーになる可能性があるためです。

借金問題は当人同士だけじゃなく、互いの両親や家族が関わってくるものです。

彼が許してくれても、彼の親は借金について当惑するでしょう。彼が親に言えない場合は、あなたの苦しみを彼が背負うことになります。

借金は自力でしっかり完済して、そのときにそれらすべてのことを正直に話すのがよいです。

自分のことだけを考えてではなく、彼のことも考えて、言うべきか、言わないほうがいいか、は判断しましょう。

内緒で借金返済ができるので、任意整理で返済をしたい、と専門家に相談をしてみてください。

 

結婚前の借金の対策法

寿々木
結婚が近い、という方は、以下の内容を参考にしてください。

 

自分の親には話しておく

親には言わない

もし彼に借金のことを黙ったまま結婚をすることになったら、自分の親には借金については話をしましょう。

結婚を前に娘の幸福に反対する親はいません。

もしいくらか援助してもらえるのであれば、そうしてもらって、返済の足りない分にあててください。

あるいは、彼に借金について喋って、彼が当惑しているようであれば、彼の親には内緒にしておくように、彼には話を持ち掛けてください。

借金がある女性と息子を結婚させたい親はいません。必ず反対されます。

まだ子供が生まれないお金のかからない時期に借金を完済するように二人で頑張りましょう。彼と力を合わせてください。

借金を隠して結婚をするリスクと対処法について、こちらでさらに詳しく解説しています。

おすすめ記事
借金を隠して結婚をする
借金を隠して結婚をすると起こりうる7つの問題とその対処法

借金を抱えたまま結婚をすると、その後多くのトラブルが発生する危険性があります。教育・住宅・養育ローンなどが組めませんし、相手に知られてしまう可能性も高いです。そもそも結婚後には莫大なお金がかかります。これを回避するには、新婚のあいだに借金を完済できるように、今から現実的な計画を立てるのがよいです。借金を抱えた状態での結婚後のリスクと問題回避対策をお話します。

続きを見る

 

結婚前の借金…返済義務は消えない

戸籍が変われば返済義務はなくなる? と思われている方がいますが、なくなりません。踏み倒すということは決して考えないようにしましょう。

貸金業者は法律のプロなので、戸籍が変わってもあなたのことを調べてきます。

放っておくと、遅延損害金が発生して、後に巨額の借金を払わなければならない事態になりかねません。注意しましょう。

戸籍に関しては、こちらの記事が詳しいです。

おすすめ記事
戸籍を改名して借金返済を免れる
戸籍を改名して借金の取り立てを煙に巻くことってできる?

戸籍が変ると、借金の返済義務や取り立てはどうなるのか? 戸籍が変ったところで借金の返済義務は消滅しません。また、業者もプロなので徹底的に調べ上げてきます。つまり借金の取り立てを欺くことはむずかしいです。

続きを見る

 

お金の管理能力を上げてよい妻になる

結婚をした後は妻の責務としてお金の管理能力をあげる! という目標をたてましょう。

これから借金を返済していかなければなりませんが、それはいってみれば、お金の管理能力を磨いていく絶好のチャンスだともいえます。

お金の管理能力をあげる方法については、こちらの記事が参考になります。毎日の生活の中で、できることからはじめてみましょう。

おすすめ記事
借金理由
借金返済しながら節約生活!お金に困らなくなる4つの対策

借金返済をしながら節約生活をするためには、まずは利息を減らすことから考えます。借金完済のための計画案の作成、お金の基礎知識を学ぶ、収支を見直す、節約テクニックを実践する、の4つのステップでお話します。

続きを見る

 

本当の誠実さと向き合うことが大事

本当の誠実

借金問題と向き合う場合、大切な人に「言うか」「言わないか」の選択については、いろんな角度から考えてみる必要があります。

そのことで今後二人はどうなるのか?

それが最良の選択であるのか?

たとえば、親の借金を背負ってしまった…という場合など、それが自分には非のない仕方のない理由であっても、第三者が理解してくれることはほとんどありません。(残酷ですが、世間はそういうものです。)

「借金を正直に言わないのは彼氏に悪いし、ずっと隠し通してこのまま交際をつづけていくのはつらい」と思っている方は、完済後に彼氏に言うという解決法を一度考えてみてください。

借金は当人同士の問題だけでは済むことはなく、彼が許してくれたとしても、彼は自分の親に話さなくてはなりません。

結婚を控えているのであれば、破談してしまう可能性は多分にあります。

借金の理由が100%あなたの責任ではないように、それを正直に言うこともまた100%正しいことではないことに気づく必要があります。

完済した後に言えばよいですし、墓場まで持っていく嘘も人生には必要なのです。

「言おうと思ってここまでがんばってきた」という未来を目的にしてみてください。

借金は必ず完済できます!

おすすめの弁護士事務所 【天音総合法律事務所】

診断を開始すると、質問がスタート! 「匿名」でもOKです。3分程度の簡単な記入の1分後に自動返信メールが届きます。

天音総合法律事務所は東京都の千代田区にあります。費用が割安で、借金問題に強い法律事務所です。営業は平日9時~21時、土曜10時~19時、日曜10時~19時。営業時間外でも24時間受付。面談の際には、全国どこへでも出張してくれます。

  • この記事を書いた人
寿々木 与

寿々木(すずき)

このサイトは借金に苦しんだ管理人の経験から誕生しました。自主退職後、起業で失敗し700万を失い、借金が350万円まで増えてしまって、完全に首が回らなった後、3年掛けてようやく借金を完済し終えました! わかりやすくお伝えするために、対話形式を用いてストーリー仕立にしております。

あわせて読みたい記事

借金 1

任意整理を行う際には、着手金が2~5万円、減額報酬が債務額の10%、解決報酬が2~5万円かかります。すぐに用立てする必要はありません。適正価格にするためのコツについても解説しています。

-借金問題クローズアップ
-

Copyright© 借金返済のコツを教えます ~多重債務のブログ〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.