借金生活者

借金返済中で貯金がゼロの人が今からとるべき最良の選択を提案!

投稿日:2019年11月26日 更新日:

寿々木
借金の返済をしていて貯金がゼロの方はどうしたらよいのか? その対策についてお話します。
返済が大変だと、貯金までお金が回らないわよね…。
サチコ
寿々木
借金があるということは、差し引きマイナスであることが現状なので、両方を天秤にかけて考えることが、とにかくまずは大事です。
どんなふうに現状を変えていけばいいのかしら?
サチコ
寿々木
この記事を読むと、貯金がゼロで不安な方がどう借金問題に取り組むのがよいかがわかります!

 

借金返済をしていて貯金ゼロの方はまずは完済を目指すことが最善の策

借金返済で貯金ゼロ

借金の返済をしていて貯蓄がない方は無駄に支払っているお金を貯えに回すという発想をすると、借金額は減っていきますし、貯蓄が可能になってきます。

返済は計画通りに行って、減らしていくことができた支出分を貯蓄に回せばよいです。

借金返済に関しては、次の4つのことを強く意識しましょう。

  • 毎月一定額を返済しつづける
  • 高い利息の業者から返済する
  • 借金を一本化してスリムにする
  • 完済のための具体的な計画をたてる

借金額が増えてしまったり、返済が苦しかったりする事態でよく見られるのは、借金残高が減ると返済額も減るので、浮いた分を貯蓄をせずに、無駄な出費に回してしまっている、という習慣です。

たとえば、先月はたくさん返済額にあてたからといって、今月は少なくしたりだとか、返済額が一定でないと、結局収支の増減は大きくなっていくため、借金は増えていきがちです。

また、高い利息の業者から返済するようにしましょう。そのほうが債務総額は安くなります。

利息が安い業者に一本化できれば、(たとえば銀行のカードローンは比較的利息が低め)、まとめてしまいましょう。

そして「完済をする」という目標をたてることが肝です。完済までは、借金額が減っても、毎月の返済額を減らさないようにしましょう。そのように無理のない具体的な計画をたててください。

そうすると、貯蓄もだんだんと可能になってきます。

いかに無駄な出費を削って、返済のための収入口を増やすか? は以下のことを実践してください。貯蓄が可能になります。

借金返済で貯金ゼロの方が取り組むべきこと

  • 支出を減らして、収入を増やす工夫をする
  • 4つのお金のポイントを見直す
  • 利息を止めて返済をする

 

支出を減らし、収入を増やす

収入と支出

収入を増やすことはできない…と思っている方が多いですが、「支出」を減らすことで、それが可能になります。借金が苦しい方は、まず現在の「支出」を見直してみましょう。

ふだん「支出」しているものから、節約できるもの、を検討してみることです。

一か月の収支表

給料 25万円家賃 75,000円
食費 23,000円
遊興費 30,000円
通信費・携帯代 12,000円
光熱費 10,000円
日用品・消耗品 3,000円
医療費 6,000円
交通費 15,000円
洋服代 16,000円
雑費 10,000円
借金返済額 50,000円
合計 250,000円

その際、「ここはつらいな」と思う部分はがんばらなくて大丈夫です。

全部なくすとか、あれもこれも、とすると挫折しますので、「ここだったらもうちょっと削れそうだ」という出費の部分を見直してみると、意外なほど倹約ができます。

光熱費などを削る必要はありません。

がんばらなくても削れる部分が、生活費にはあります。

「収入」をあげて「支出」を抑える実践については、こちらの記事が参考になります。

おすすめ記事
浪費癖 治らない 借金
浪費癖が治らない…借金もある!現状悪化を防ぐための7つの習慣

浪費癖はちょっとした生活の行いで劇的に改善できます。クレジットカードを持ち歩かない。家計簿をつける。買いたいリストを作る。消費対象のレベルを下げる。インターネットショッピングをやめる。他人にお金を管理してもらう。定期預金を利用する。これらを試してみましょう。

続きを見る

 

一定額を返済し続けるには惰性を見直すことは必須

対策術

借金生活が惰性になっている方は、次の4つの「お金に関するポイント」を見直してみてください。

借金を増やさない4つの注意点

  • 浪費が多い
  • 利用限度額の引き上げで借金額増えた
  • 予定していた収入がなくなったときの行動が適切ではない
  • 突然の出費があることを想定していない

借金生活を立て直すためには、どうしても惰性的な生活を見直しみる必要があります。

これらの「生活の中でお金を必要となる」4つの注意点を中心に、「収支」と「支出」のバランス具合はちゃんととれているか? を考えてみましょう。

利用限度額が引き上げられたことをきっかけに借金額が大きくなってはいないでしょうか?

たとえば、1年前のお金の使い方と現在を比べてみると、なぜ借金が増えてしまったのか? がわかります

習慣を改善していくと、お金に関する惰性的な感覚が減少していくはずです。返済にお金が回り、貯蓄をする、という生活が身についてきます。

 

利息をゼロにする

第三者の力

もっとも無駄な出費は利息です。

完済まで一定額を返済しつづけて借金を完済するのに最も適しているのが、任意整理という債務整理法です。これから支払う利息を完全にゼロにすることができます。

任意整理の特徴

  • 内緒で借金返済ができる
  • 今後の利息をゼロにできる
  • 払い過ぎた利息を減額できる
  • 借金理由は問われない
  • 借金額の上限はない
  • 財産が奪われることはない
  • 自分の返済能力に合わせて毎月の返済額や返済期間を設定できる

任意整理では、弁護士に債権者との間に立ってもらい、減額された借金額を、3~5年かけて毎月少しずつ返済していきます。

費用は、着手金が1社につき5万円程度減額報酬として減額された借金額の10%がかかります。これからまだまだ支払いつづける利息分を費用に充てると考えると、依頼にかかるお金が高いとは感じません。

無駄な利息を払い続けるのであれば、完済を目指して専門家に頼ったほうがよいです。

とにかく完済を目指す方法としては、最善の策です。

無料で相談をすることができます。ご自身の借金がどれくらい減額できるのか? を診断してみましょう。

寿々木
わたしも300万円以上の借金をしましたが、自力での返済はどうしても無理で、任意整理をすることでようやく借金問題を解決しました。

 

借金返済しながら貯金する方法 1万円貯金からはじめる

寿々木
貯蓄ができないと、何か突発的な事故があったときなんかは、とても不安だよね。
借金がある人って、貯蓄はしないで返済に回したほうがいいのか? それでも貯蓄はしたほうがいいのか? 迷う場合が多いと思うんだけど。
サチコ
寿々木
返済に重点を置いて、少しずつ貯蓄をしていくのがよいです。よい方法があります。
なんだかとても不安なんだけど。
サチコ
寿々木
借金を抱えたままだと、今後住宅ローンがいちばん困る問題。このまま結婚もせず、独り身で、賃貸で暮らしていくわけにもいかないでしょ?
わたしのことだぁ。
サチコ

 

借金返済か? 貯金か? は両方を視野に!

借金返済か? 貯金か?

返済と貯金のどちらを優先すべきか? という問題については、返済を優先する中で貯蓄について考え、それを実践していくのが正しい回答です。

つまり、「毎月一定の返済額」を決めて、返済にまわるお金をしっかり把握することで、貯蓄の目減りを可視化します。

完済予定を立てたなら、二度と借入はしないことを決めて、計画に沿って返済を遂行します。

もし、途中で貯蓄を大幅に切り崩さなければならなかったり、急な出費が必要になった場合は、完済計画をその都度再検討します。

 

支払いが多くて貯金できない方は1万円だけ貯金してみましょう

1万円

貯えがまったくない! という方は、最初に1万円だけを貯金してみてください

そして、この1万円を使って返済に回す、というふうにしてみてください。

つまり、「収入」をすぐに「支出」に回すのではなく、「収入」→「貯蓄」→「支出」というふうに、いったんクッションを設けるわけです。

家計の中で貯金という概念を育んでいくと、お金に関する感覚が養われます。

「支出用」「貯蓄用」と口座を分けてしまうのもとてもよいお金の管理方法なので、おすすめです。

 

貯金なし借金ありではローンを組めないのが不安

住宅ローン

借金をしていて一番困る問題が、借入ができない、ということなので、現在借金があり、貯蓄がゼロの方は、ローンについては注意しておきましょう。

借金がある場合、少額のキャッシュであれば、貸してくれる消費者金融があれば借りられますが、住宅ローンやマイカーローン等を組むことは難しいです。

つまり少額の借金をしている方は、この先大きな借金ができません。

たとえば、今30歳で、今から任意整理をはじめれば、5年でブラックリストから名前が消えるので、35歳のときに分譲マンションを持つことが可能です。

しかし、40歳を過ぎて任意整理をはじめると、45歳になれば住宅やマイカーを持てる、ということになりますが、果たしてそのとき住宅ローンの審査に通るものでしょうか…?

とりわけ会社員や公務員の方は、住宅ローンは年をとるほど審査に通りにくくなります。

マイカーローンや教育ローンなども、年をとるほど審査が厳しくなっていきます。

借金問題の先送りは、未来の可能性を閉ざしているのと変わりません。

ああ、こんなことなら早くに借金返済しておけばよかった…
サチコ
寿々木
なんてことにならないために、借金完済を今すぐに具体的に考えてみましょう。

※ 相談をしたからといっても、必ず債務整理をしなければならないわけではありません。安心して、困っていることを訊ねてみてください。

 

専門家に頼ることのメリットとデメリット

専門家に頼むってハードルがちょっと高いかも…安くするコツとかあるかな?
サチコ
寿々木
費用やデメリットに対しての対策を確認しておきましょう。

 

弁護士料金がすぐに用意できなくても依頼できる

専門家

任意整理をする際、法律事務所は後払いや分割払いに対応しています。

専門家は借金をしている方がお金で苦労されていることをよくわかっているので、支払いに関しては個別対応が可能です。

分割対応の詳しいことは、こちらの記事にあります。支払いのコツも解説しています。

おすすめ記事
借金
任意整理の費用を後払いにして困難になった借金を返済する方法

任意整理の費用は分割や後払いで支払います。実際に返済がはじまるまでに歳月があり、その期間は利息がストップします。支払いに不安な方は、それまで毎月かかっていた利息のお金を任意整理費用にまわす、と考えることで、依頼費用の支払いはむずかしくなくなります。

続きを見る

 

即日に取り立てを止めることが可能

任意整理の流れ

寿々木
任意整理がどんな感じで行われるか? について流れをお話しておきます!

任意整理をはじめると、債務者はまず弁護士と一度面会をすることになります。

正式に依頼をした時点で、弁護士から「受任通知」が債権者に送付され、このときすべての取引のある貸金業者からの利息が止まります。弁護士にお願いして2日から1週間で利息は止まると思ってください。

即日に取り立てを止めたい場合は、弁護士側に「債権者に任意整理依頼をしたことを伝えてほしい」と申し出てください。受任通知が届くまでに若干のタイムラグが発生するので、こういうタイムラグは発生します。

遠方の方は、弁護士が出向いてくれます。弁護士には必ず一度会ってください。これは法律で決められているものです。残りの手続きは電話やメールで対応可能です。家族にも内緒でできます。

任意整理は実際に返済がはじまるまでに、3~4か月かかります。債権者との減額交渉をするためです。

本格的に任意整理が開始されると、これから支払うはずの利息を差し引いた借金総額を、3-5年をかけて、毎月一定額を支払っていきます。遅延損害金が課せられていた場合は、その利子もカットされます。

ご自身で振り込めば、振込手数料を浮かせることができますので、おすすめです。

 

任意整理をするとこうなる

Kさん(23才女性)

借金総額 120万円

借り入れ業者数 3社

債務整理法任意整理
職業フリーター
借金理由ショッピング
最低弁財額86万円
毎月の返済額2万4千円
期間3年

Kさんの債務整理前の状況

ショッピングが好きで海外製の高い洋服や家具をクレジットローンで買っていたKさん。最初に借りた借金50万円が、利息分も含めると、120万円に膨らんだ。

毎月1万円~1万5千円ずつ、なんとか3社に返済をしていたが、毎月4万円近くの利息額を支払いつづけることが、困難に…。

利息計算法を用い、引き直し計算をしたところ、借金が大きく減額されて総務額が86万円であることがわかった。

Kさんの債務整理後の状況

弁護士に相談して任意整理をはじめる。その月から、利息額は0円。

86万円を、毎月1社に8,000円ずつ返済していくことで、Kさんは3年かけて借金生活から解放された。

 

任意整理のデメリット

任意整理をすることで起るデメリットってあるのかしら?
サチコ
寿々木
個人情報機関に名前が載ります。
そうすると、なにが困ることになるの?
サチコ
寿々木
そのことでどんな不便なことがあるのか? その対策を説明します。
対策があるのね。
サチコ

任意整理のデメリット

  • 信用情報機関に事故情報が載る
  • 住宅ローン・マイカーローン・教育ローンが組めなくなる
  • 新しくクレジットカードが作れなくなる
  • 銀行口座が3か月凍結する
  • 保証人になれない
  • 携帯の機種を分割購入できない
  • 新転居先の審査に落ちることがある

任意整理をすると、信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に、債務整理をしたという事実が掲載されます。

そのことでいくつかのデメリットが生じます。

任意整理をすることで一番大きい悩みとして、クレジットカードが使えなくなります。対策としては、デビットカードで対応しましょう。

ほかには、ローンが組めないなどがありますが、どうせこのまま借金生活をしていてもローンは組めませんから、問題ありません。

これらのすべては5年を過ぎて信用情報機関から個人情報が消えるとなくなります。

任意整理のデメリットと対策については、こちらの記事に詳しくありますので、ぜひごらんください。

おすすめ記事
任意整理のデメリット
任意整理における信用情報機関の掲載で起るデメリットとその対策

任意整理で信用情報機関に掲載されることのデメリットは、ローンが組めなくなる・新しくクレジットカードが作れなくなる・銀行口座が3か月凍結する・保証人になれない・携帯の機種を分割購入できない・新転居先の審査に落ちることがある、など。すべて対策があります。

続きを見る

 

自己破産も返済選択項目として考える

自己破産

任意整理での返済が難しいと思われる方は、自己破産の債務整理法を視野に入れておきましょう。

自己破産はネガティヴなイメージが蔓延していますが、デメリットとそれに対する対策を知っておけば、心配はさほど要りません。

自己破産のデメリット

  • クレジットカードが作れなくなる
  • クレジットカードを使えなくなる
  • ローンが組めなくなる
  • 法律に関係する一定の職業に就けなくなる (弁護士、司法書士など)
  • 信用情報機関に載る
  • 官報に載る
  • 99万円以上の財産を失う
  • 3か月から半年は長期の旅行に行けなくなる

自己破産をすると、信用情報機関に名前が7年から10年くらい掲載されます。

自己破産をする際には、めぼしい財産が没収されますので、車や住居などを持っている方は、自己破産をせずに、それらを売ってまずは借金返済資金にまわしたほうがよいです。

借金原因がギャンブルや遊興費などの場合、自己破産ができないといわれていますが、浪費が原因でも自己破産は可能なので、諦める必要はありません。

免責が下りる確率は90%です。自己破産をすればどれほど大きな借金がある方も、ほとんどの人は借金がなくなります。

借金がどうにもならない方は、専門家に相談を仰いでみましょう。相談は何度でも無料ですので、疑問に思っていることを聞いてみてください。

 

借金返済はマイナスをプラスにではなく、マイナスをゼロにするがポイント

マイナスをゼロに

借金返済に追われて貯蓄ができない特徴2つ

  • 残高が減ると返済額が減るので、浮いた分を支出に回してしまう
  • いろいろな理由で貯蓄をする発想ができない

借金に困っている方は、マイナスをプラスにではなく、マイナスをゼロにするという考えをまず持ちましょう。

マイナスに数字をいくらかけてもそれはマイナスになるだけです。

ゼロにすると、あとはプラスにするだけですから、貯蓄が可能になってくるんです。

借金生活から脱出することができれば、収入を自分の好きなものに使うことができます。毎日借金に思い悩む人生から解放されます。

無駄な利息を支払いつづける生活を脱出してください。

マイナスとプラスのバランスを軌道修正して、人生を好転させましょう!

おすすめの弁護士事務所 【天音総合法律事務所】

診断を開始すると、質問がスタート! 「匿名」でもOKです。3分程度の簡単な記入の1分後に自動返信メールが届きます。

天音総合法律事務所は東京都の千代田区にあります。費用が割安で、借金問題に強い法律事務所です。営業は平日9時~21時、土曜10時~19時、日曜10時~19時。営業時間外でも24時間受付。面談の際には、全国どこへでも出張してくれます。

  • この記事を書いた人
寿々木 与

寿々木(すずき)

このサイトは借金に苦しんだ管理人の経験から誕生しました。自主退職後、起業で失敗し700万を失い、借金が350万円まで増えてしまって、完全に首が回らなった後、3年掛けてようやく借金を完済し終えました! わかりやすくお伝えするために、対話形式を用いてストーリー仕立にしております。

あわせて読みたい記事

借金 1

任意整理を行う際には、着手金が2~5万円、減額報酬が債務額の10%、解決報酬が2~5万円かかります。すぐに用立てする必要はありません。適正価格にするためのコツについても解説しています。

-借金生活者
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 借金返済のコツを教えます ~多重債務のブログ〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.